Make yourself at home if you like.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ドグラ・マグラ(上・下)
IMG_0541_1_1_1.jpg


「ぎゃぁぁぁ!!!」
夢野久作さんの「ドグラ・マグラ」!!
ついにこれを読むときが来ました(恐ろしい・・・)。
今日は、ラヴィと図書館に行ってきました。
実は私、本屋及び、図書館大好き人間なんです。
本屋に行けば、半日は軽く過ごせます。

いやいや、そんなことはさて置き、この本は以前から読みたかったのだけれども、
未だ読むことができていない作品。その本と偶然図書館で・・・
もちろん、考える間もなく手にとっておりました。

これを書くために生きてきたと著者みずから語り、10余年の歳月をかけた推敲によって
完成された作品なのです。
常人の頭では考えられぬ、奇抜な内容で・・・
これを読む者は、一度は精神に異常をきたすと伝えられている、一大奇書なの。
(ひぇぇ!怖い・・・)

もう準備は万端、今日やるべきことは全て終わらせました。
あとは読むだけ・・・

今夜のお供は、ハーゲンダッツの「パンナコッタ&ラズベリー」。

IMG_3542_1_1_1_1.jpg


これ以上私の精神に異常が起きませんように!!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
読破しちゃいましたか??
KAZさん、おはようございます♪
読書好きなんですね。
そして、読書のお供はハーゲン★
これは、お決まりのパターンなんでしょうか??

精神に異常をきたす本ってどんなだろう?
KAZさん大丈夫ですよね・・・?
2005/06/23(木) 08:36:21 | URL | yakko #-[ 編集]
これは・・・
ラヴィちゃんも恐怖に叫んでいますか?(笑)

うん、おかしくなりますよね。
数年前に読みましたが、このまま自分もあの世界に放り込まれそうな気がしました。
「脳髄は物を考える処に非ず」(だっけ?)
昭和の始めにこれを考えていた夢野久作はすごいよ。
頭の良すぎる人なんだろうなぁ。
2005/06/23(木) 10:31:24 | URL | 翠子 #ZA9zVw0U[ 編集]
本は読んでないけど、演劇は観た。
おどろおどろしぃ~
私が読んだら、ショック療法で、頭スッキリしたりして。
怖いのだぁ~いちゅき♪
おすすめ本あったら、また教えてください。
2005/06/23(木) 10:47:41 | URL | あーちゃん #-[ 編集]
>yakkoちゃん
 そうなの。我が家の冷凍庫にはハーゲンダッツの新作が場所を占領していて・・・
 毎回、本を読むときに頭を冷やしながら食べるのがお決まりコースです。

 そして、まだ読破してません。
 どんな展開が待っているのか、そして私は正気でいられるのか?
 楽しみでもあります。

>翠子さん
 うぅっ!!やはりおかしくなりますか・・・
 まだ途中までしか読んでいないんだけど、今のところ脳は侵されていないようです。
 どんな展開があるのか楽しみです。

>あーちゃん
 演劇かぁ!!演劇でおどろおどろしぃのであれば、
 本はもっと恐ろしいはず・・・(怖い)
 ドキドキしてきた。
  
 
2005/06/23(木) 23:01:03 | URL | KAZ@管理人 #mQQEfdr.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ドグラ・マグラ『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説である。構想・執筆に10年以上の歳月をかけて死の1年前、1935年に刊行された。その常軌を逸した作風から一代の奇書として高く評価されている。「ドグラ・マグラ」の原義は、作中では切支丹バテ
2007/02/07(水) 11:32:25 | 日本の文学・小説集め
ドグラ・マグラ『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説である。構想・執筆に10年以上の歳月をかけて死の1年前、1935年に刊行された。その常軌を逸した作風から一代の奇書として高く評価されている。「ドグラ・マグラ」の原義は、作中では切支丹バテ
2007/02/12(月) 03:28:40 | ミステリー館へようこそ

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。